人気ブログランキング |

NPO法人  motherboard 2011「日本の道」

japanroad.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 21日

仮設住宅完成まで集団避難 高齢者の安心どこに

2011年04月15日10時00分(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2011年4月5日号)

 避難所環境劣化で県が苦肉の策

 宮城県では、第一次の仮設住宅1110戸を着工した。
第二次以降は順次決定していく予定だ。完成までには「半年から1年かかるのではないか」と県の地域振興課は見ている。
 家が倒壊したなどで自宅に戻れず、仮設住宅が完成するまで避難所で暮らすことを余儀なくされる被災者たちだが、一方で県は避難所の環境悪化を懸念する。
 「すべての避難所ではないが、ライフラインの断絶などでトイレなどの衛生環境はかなり劣化している。このまま同じ避難所で生活するのではなく、避難所ごと新しい避難所を探して移ってもらうことを検討している」(宮城県地域振興課)という。
 対象となるのは県内外の学校や集会所、パブリックスペースなどの既存施設。あくまでも仮設住宅が出来るまでの一時的避難という見解だ。
 また一方で、公営住宅などで受け入れを申し出る都道府県も出てきた。申し出は多くあるものの、県としてはその施設が避難先としてふさわしいかどうかも慎重に検討したいということから、決定は先になる模様。
まずは、避難所生活を送っている住民に避難所の移動を希望するかアンケートをとった上で、集団避難を進めるという考えだ。

移動希望は少数?健康状態懸念も

 沿岸部で壊滅状態となった南三陸町で、まず集団避難に関する住民説明会が行われた。
ただし何世帯が避難所移動を希望しているかは明らかにされていない。
 宮城県内でも特に被害の大きかった沿岸部は、高齢化率が30%を超えるところもあり、避難所でも多くの高齢者が生活している。
高齢者が体力的、精神的に疲弊をしているこの段階で、避難所の移動を申し出る人がどれほど多くいるのかは定かではないが、
健康状態には少なからず影響するだろう。
 また認知症高齢者にとって、短期間で生活の場を変えなければならないというのはリロケーションダメージを誘発しやすい。
 県の見解では、避難所の集団移動というのはあくまでも希望者のみということだが、特に高齢者においては長距離移動をしたうえで、避難所を変えることは、必ずしもいいとは限らない。
今いる避難所で生活環境を出来る限り改善していくしか方法はない。

by the-road-of-japan | 2011-04-21 20:36 | ☆避難所のあり方


<< 細岡雄二氏/ケア付き仮設住宅を...      岩手県が自力で借りても仮設住宅... >>