人気ブログランキング |

NPO法人  motherboard 2011「日本の道」

japanroad.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 21日

■西日本が復興を支える~ハウステンボス社長 澤田 秀雄氏からの提

----------------------------------------------------------------------------------------------
■西日本が復興を支える~ハウステンボス社長 澤田 秀雄氏からの提言~飯山 辰之介さん
----------------------------------------------------------------------------------------------
 東日本大震災が誘発した原発問題は観光業を直撃した。各地の宿泊施設や旅行代理店は
殺到するキャンセルに苦しみ、既に倒産の憂き目に合う業者も出始めた。

 業界を代表する経営者はこの状況をどう見るのか、どこに復活の芽を見いだしているの
か。旅行代理店大手HIS創業者で、現在はハウステンボスの再生にも取り組む澤田秀雄・
エイチ・アイ・エス会長兼ハウステンボス社長に語ってもらった。

 東日本大震災によって、日本は戦後最大の国難に直面しています。言うまでもなく、そ
の影響は製造業から農林漁業、そして私たち観光業を含んだサービス、小売産業まで、日
本の全産業に及ぶでしょう。

 こと観光業に関して言えば、特に打撃が大きいのは外国人観光客の流出です。

 HISでは震災から1週間前後、在日外国人への対応に追われました。彼らの動きは早か
った。多くの外国人が日本を脱出し、自国に戻ろうと航空券を求めて殺到したのです。特
に東京からの流出が激しく、成田空港や羽田空港発の便が満席になると、関西国際空港な
どから出国しようとする人までおりました。

 まるで潮が引くように、日本からは外国人観光客が去っていったのです。私は長崎県に
ある観光施設、ハウステンボスの社長も務めておりますが、被災地から遠く離れたこの地
でも、外国人観光客はパタリと見かけなくなりました。

 ハウステンボスには韓国、台湾、中国などからの観光客が多く訪れ、全入場者の2割が
海外からの観光客で占められていました。それが霧散してしまったわけです。施設内にあ
る宿泊施設では震災以降、3〰5月の予約を中心に約1万1000人のキャンセルに見舞われ
ましたが、そのうち約6000人は外国人観光客からのものです。


長崎県の大型リゾート施設「ハウステンボス」を救済。社長として陣頭指揮に当たる澤田
秀雄エイチ・アイ・エス会長(写真:都築雅人、以下同) 外国人観光客の誘致は日本の
数少ない成長分野です。ですから、その衝撃は非常に大きい。特に外国人観光客からの収
益で成り立っていた企業にとっては深刻な事態です。

 ではなぜ、震災の直接的な被害を受けていない九州まで外国人に敬遠されてしまうのか。
原発問題の影響で海外の国々からは日本全体が危険だと見なされているのです。その風評
を抑えるためにも、問題に取り組んでおられる方々には正確な情報を素早く公表していた
だきたい。

 とにかく私たちは風評を変えなければなりません。そこで今、ハウステンボスでは4月
の施設内風景を撮影したプロモーションビデオを作製中です。後述しますが、ハウステン
ボスは今、多くの日本人観光客で賑わっています。その風景をゴールデンウィーク明けに
も中国の代理店やお客様に見ていただき、ハウステンボスが、ひいては九州が安全である
とアピールしたいと思っています。

 本来であれば、このような仕事は政府や自治体がやるものでしょう。ですが行政の対応
は鈍く、このような緊急時にその動きを待つ猶予はありません。


関西や九州は元気

 海外に対する風評被害の克服に挑む一方で、ハウステンボスでは外国人誘致から当面は
日本人観光客の取り込みに力を入れています。特に注目しているのが個人客です。団体ツ
アーなどは依然として自粛傾向が続いていますが、個人旅行については需要が戻りつつあ
ります。その成果はすぐに出ました。4月の入場者数は昨年同月比2割増で推移しているの
です。

 この傾向はHISでも同様です。4~5月の予約状況を見ると、東北地方発の旅行需要は非
常に厳しい。また、関東地方でも10~20%減少しています。一方で、関西や九州では例年
並みかそれを上回る予約が入っている。つまり、九州や関西は元気で、旅行やレジャーの
中心が西にシフトしているのです。だからこそ、海外にも関西以西の観光をアピールしな
ければなりません。

 震災以降は企業の本社機能や外国の大使館機能などが大阪に移っていると聞きます。

 であれば、関西や九州など西日本から経済復興を図るという考えもあるのではないでし
ょうか。さらに言えば、東京を政治文化の中心とし、関西を経済の中心にしてもいい。江
戸時代以前の体制に戻すわけです。こうして震災や原発問題、計画停電などに苦しむ東日
本の打撃を西日本の経済力で補い、その力を復興に回していくという考え方です。
 「関西びいき」だからこう提案しているのではありません。もちろん被災地の復興が何
よりも重要なのは言うまでもない。ですから、例えばハウステンボスでは閉館していたホ
テルを開放して被災者の受け入れ準備をしたり、HISでは被災者限定の企画を組んだりす
るなど支援に取り組んでいます。日本は一つなんですから。東北地方に関しては皆でグラ
ンドデザインを描いて復興に当たる。それは当然でしょう。

 ただ、日本が復興するには、できるところから、元気な場所から盛り上げていかなけれ
ばならない。そうしなければ日本全体が落ちこんでしまうと私は恐れているのです。


危機を深刻化させない

 今回の震災が経済に本格的な影響を及ぼすのはこれからです。この国難に政府が、企業
がどう立ち向かうのか。その対応次第で、日本がさらに危機的な状況に陥ってしまうのか、
それとも力強い復興を果たすのかが決まってしまいます。勝負は1~2年でしょう。そこ
で日本の行く末が決まるのです。

 私は常々、「危機はチャンス」だと考えて行動してきました。ですから誤解を恐れずにい
えば、今回の震災もチャンスであると捉えます。この危機を乗り切れば、より強い企業、
強い国が生まれるでしょう。

 ただ、そのためにはリーダーの果敢な決断と、何よりスピードが大事です。モタモタし
ていては、危機はチャンスになるどころか、より深刻な危機に変わってしまいます。だか
らこそ、震災の影響が比較的小さい関西や九州に着目し、ここを足がかりにすべきだと思
うのです。

 世界に目を移せば、欧米の金融危機はまだ癒えず、中東では政治的に混乱し、一方アジ
アは急成長している。この歴史的な大転換期に東日本大震災は起きました。間違いなく、
今日本は岐路に立たされています。震災を乗り越え、世界の動乱にも対応していくために、
日本は素早い決断力を発揮すべきです。

===================================

by the-road-of-japan | 2011-04-21 08:47 | ?柳田公市氏からの情報


<< ■現地で求められているのはこん...      ■食の危機~農林漁業復興のため... >>