人気ブログランキング |

NPO法人  motherboard 2011「日本の道」

japanroad.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 16日

東京新聞/東北へジャズでエール

東北へジャズでエール あす、チャリティーライブ
2011年4月15日
チャリティーライブへの来場を呼び掛ける藤田利行さん=世田谷区で

 東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県宮古市出身で、世田谷区梅丘のカフェバー店主藤田利行さん(54)が十六日、宮古出身のジャズミュージシャンの協力を得て、チャリティーライブをライブハウス「クレイジーキャッツ」(梅丘一)で開く。「宮古、東北にジャズでエールを送りたい」と、多くの人の来場を呼び掛けている。
 藤田さんの実家は海から約五百メートルほどの宮古市愛宕にあり、津波で全壊した。二年前に母が亡くなり無人だったが、「戻る場所がなくなってしまった」と寂しがる。同県山田町の母方の親戚三人は、津波で犠牲になった。
 「故郷のために何かできることはないか」と考えた藤田さんは、八年前に店でライブをした宮古出身のベーシスト畠山芳幸さんにチャリティーライブを打診し、快諾を得た。
 宮古出身のジャズピアニスト故本田竹広さんの息子、ドラマー本田珠也さんも協力。ギターは津村和彦さん、サックスは中西真一さんと、プロのジャズ奏者たちが集まる。
 売上金は経費を除き、宮古市と日赤に義援金として寄付する。藤田さんの店「梅ケ丘テイクファイブ」では、「ひっつみ汁」など宮古の郷土料理も出し、売り上げの一部を寄付に充てている。
 藤田さんは「宮古は東北の一部で、東北は日本の一部。みんなが当事者だから、今できることをしたい」と話している。
 開演は午後七時半、料金四千円(ワンドリンク付き)。予約不要で順番制。問い合わせは、梅ケ丘テイクファイブ=電03(5426)2656=へ。
 (小川慎一)

by the-road-of-japan | 2011-04-16 12:19 | ■甦れ宮古!支援集団


<< 「宮古に今、私たちができること...      がれきの中、瓦6万5000枚回... >>