人気ブログランキング |

NPO法人  motherboard 2011「日本の道」

japanroad.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 16日

がれきの中、瓦6万5000枚回収=東京駅舎復元を、社員ら奮起-宮城・石巻

■時事通信 4月15日(金)19時59分配信

 東日本大震災に伴う大津波で、社屋が倒壊した宮城県石巻市の補修会社「熊谷産業」では、東京駅舎復元に使われる約6万5000枚の瓦が海水と泥にまみれた。
しかし、社員らは「空襲で壊れた東京駅舎を復元させたい」と奮起し、がれきの山から回収。洗い流せば約4万5000枚は使える状態になった。
 駅舎を管理するJR東日本や熊谷産業によると、この瓦は東京駅丸の内駅舎で戦後使用されたスレート瓦。同社が補修し、復元される駅舎の屋根の約25%に使われる予定だったという。
 社長の熊谷秋雄さん(46)は、がれき撤去作業で重機が瓦を踏みつぶす恐れがあるため、3月半ば社員に呼び掛け、約10人が2週間にわたって瓦を集めた。
「家や家族を失った社員もいた。みんな泣きながら作業をした」という。
 熊谷さんは、被災しても作業を続ける理由について、「東京大空襲で壊れた東京駅と、大地震に見舞われた東北地方のどちらも被災者。駅舎の復元は、私たちの復興と切り離せない」と話す。
 熱意を後押しする動きもある。
市民団体「赤れんがの東京駅を愛する市民の会」は15日、JR東日本に要望書を提出。
同会代表で作家の森まゆみさん(56)は「瓦は東京と東北がつながっていることのシンボル。使えるものは使ってほしい」と訴えた。
 東京駅丸の内駅舎の復元工事では来年3月ごろ、3階部分と屋根が復元され、当時の姿がよみがえる予定。 

■朝日新聞夕刊4月16日
b0213134_795347.jpg


by the-road-of-japan | 2011-04-16 11:18 | ■甦れ雄勝町!支援集団準備会


<< 東京新聞/東北へジャズでエール      ゼオライト、汚染水対策に >>