NPO法人  motherboard 2011「日本の道」

japanroad.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:☎♥子供の教育無料相談♥( 2 )


2011年 04月 18日

震災孤児の保険金請求等について~安田まゆみさん~Noriko Sannomiyaさん

--------------------------------------------------------------------------------------------
■震災孤児の保険金請求等について~安田まゆみさん~三宮さん
--------------------------------------------------------------------------------------------

 東京都台東区役所 三宮です。
   FP協会のボランティアをした事があり、その時の
  知り合いから以下のメッセージが届きました。
   FPをお持ちの方、ご賛同いただければ幸いです。

*************

みなさま 

こんばんは。安田まゆみです。
突然の一斉メールをお許しください。
(名刺交換させていただいたFPの方にお送りしています。
重複していたら、申し訳ございません)

大災害で親を亡くした子どもたちの保険金請求が
現在では、なかなか困難です。

もう少し簡便になるよう、
生命保険協会へ要請をしようと思っております。
つたない文章ですが、こちらに賛同していただきたく
メールをさせていただきました。

先に書いたブログ(4月6日と7日)が反響を呼び、
民主党の議員(衆議院議員橘さんや政務担当議員)などにも
アプローチをしてくれた方もいて、
各方面で話題にしていただいております。
ツイッターやブログで私のブログを紹介してくださった方も
多く、反響がありました。
(一部間違った情報も流してしまい、
ご迷惑をおかけした人もおります。深くお詫びいたします)

生命保険協会の対応もこの一週間で
少しずつ変わってきております。

しかし、まだまだ、
損保会社のような積極的に保険契約者への安否確認等をする姿勢は
見られません。
15日になって、各社で安否確認をしているという協会長の声明が
ありましたが、数から考えるとまだ一部でしかありません。
保険会社によっては良く動いているところもありますが、
まだ、足並みがそろっているというわけではありません。
声明はこちらから
http://www.seiho.or.jp/data/other/110312disaster/index.html

そこで、孤児のばあい、未成年後見の必要性はあるものの
保険照会などでは、もっと簡便な方法を探って欲しいと
要請していきたいと思っております。

実際、孤児が児童相談所などに引き取られた場合、
そこで、未成年後見は建てるものの
保険金請求はしないところが多いと聞いたことがあります。
(不確かな情報です。確認を取ることは難しいです。話してくれないからね)
もしそうだとすると、何年か後に18歳になって児童相談所を出てから
保険金の請求をしても、本当に保険金は支払ってもらえるだろうか。
という疑念がわいてきます。
そのときに書類はそろうだろうか、そんなことも頭をよぎるので、
何年経っても確実に保険金が受取れるようなシステムを作って欲しいと
願っています。

月曜日に某ネット生保の方にも文章についての確認を取りますが
基本、このような主旨で要請をおこなう予定です。

もし、このような趣旨にご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、
返信していただけますでしょうか?
18日(月)の夜までにいただけるとうれしいです。
(都道府県名も書き添えてくださいね)
賛同者の名前を連ねていきたいと思います。

更に、主旨にご賛同いただけるようでありましたら、
お知り合いのFPに転送してくださいますか。

また、災害地域や東北地方のFPの方にお知り合いがいらっしゃいましたら
このような主旨をお知らせ願えませんでしょうか?

このほかに生命保険協会などに対する要望などありましたら
それも加えていただけますか。

19日の15時ころには、要請文を持って
アポなしで生命保険協会に要請書を持って行きます。
一緒に行ける人はお声をかけてください。
子どもではないので、一人でも行かれますけど・・・。
一緒に行ってくださる方がいると、心強いです。

どうぞ、よろしくご検討ください。

Have a good day and don’t forget keep your smile.(~o~)
・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・
★安田まゆみのセミナー最新情報です
http://www.my-fp.net/schedule/cat1/
★心豊かな気持ちになれる、メルマガをぜひお読みください
http://archive.mag2.com/0001064501/index.html
★お役立ち情報満載のアメブロはこちら
http://ameblo.jp/yasudamayumi3/
★ツイッター初心者です。フォローをお願いします(^o^)/
http://twitter.com/yasudamayumi
有限会社 マイプランニングオフィス 
代表取締役 安田まゆみ
TEL 0120-8666-37
URL http://www.my-fp.net
・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
[PR]

by the-road-of-japan | 2011-04-18 04:16 | ☎♥子供の教育無料相談♥
2011年 04月 09日

被災者のための「子供の教育に関する無料相談」を始めました!

何処で暮らすのが良いのか?
子供の教育を何処で行なうのが良いのか?
自分の生業を何処で確保するのか?

このようなことで、多くの親御様が悩んでいることと思います。
まず、大切なことは生業をつくる場所を決めることです。生活再建を第一義において下さい。
今は学校がなくなり行けなくなっても子供達の学びの道・教育の場は様々な形で、実現することができます。
高校では通信制教育が一時的にも、卒業するまででも役立ちます。
東京の私立中学高校協会では、被災地の生徒1000人を目標に学費無償の受け入れを実現しました。
その他就学支援金制度、奨学金制度などの制度を上手にお使いください。

また、もともと登校拒否児である場合、首都圏では様々な支援機関と制度があります。これもご活用ください。
首都圏の学校に転校できたけど、ついて行けなくなったような場合にもご相談ください。
また、メンタルケアについてもご相談ください。

♥相談者/中嶋丈史   ホットライン080−3033−9413
梧桐学苑 学苑長/適応教育士/メンタルケア協会メンタルケアスペシャリスト
プロフィール/大学を卒業後、民間上場企業勤務を経て、学校法人橘学苑に勤務し、事務局長、校長、学苑長、理事長を歴任。平成19年最高顧問を退任。橘学苑では1人ひとりの個性を伸ばす創造学習を柱とするコース制(国際コース・デザイン美術コース・創造コース)等の人間教育を重視した学校改革を推進・実現。
[PR]

by the-road-of-japan | 2011-04-09 22:37 | ☎♥子供の教育無料相談♥