NPO法人  motherboard 2011「日本の道」

japanroad.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 07日

「今、大切な事は」  by丸谷博男

今、一番大切な事は

生活を形づくる事。
そうすれば、
明日への意欲が湧いてきます。
避難所から仮設住宅への移転。
その事により家族が一軒家に住み団欒が生まれます。

今、一番大切な事は

道と電気が通り、水道と下水が使えることになれば日常が戻ります。
しかし、津波はその道さえも破壊してしまいました。
まだ、時間がかかります。

今、一番大切な事は

暮らしがあるということは、住む家と働きの場があるということです。
人間に必要なものは何か。
それは、糧と汗です。
それが、幸せの原点です。

今、一番大切な事は

家と家族、そして近隣の知り合い。それは、土地に結びついてきました。
地域の歴史も文化も暮らしも 土地無しには存在しません。
遠い自治体が受け入れの体制をつくり被災者を迎え入れようとしていました。
しかし、望んだ人はほんのわずかでした。

今、一番大切な事は

農業者は、田畑を海水とヘドロに奪われてしまいました。
漁業者は、港を失い、船も失い、日常に戻った海を呆然と眺めています。
いずれも、高齢者の多い生産地三陸の再起への道は、大変厳しい現実があります。

今、一番大切な事は

春の訪れとともに花咲き、萌え上がる新芽の息吹です。
明日をつくり担う子ども達と青年がいる限り、成長しまた、花咲かせて行くのです。

今、一番大切な事は

熟年の力です。
日本をつくり上げて来た原動力をもう一度、再起動しましょう。
子ども達や青年のために、道づくりをしましょう。


日本の道をつくるのです。

[PR]

by the-road-of-japan | 2011-05-07 02:02 | ★趣旨/呼びかけ文


<< チャリティーライブのポスターが...      福島県仮設業者決定、4000戸発注! >>