NPO法人  motherboard 2011「日本の道」

japanroad.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 23日

環境エネルギー政策研究所(ISEP)「無計画停電」から「戦略的エネルギーシフト」へ

2011 年3 月11 日に発生した東北関東大地震とそれに続く巨大津波によって東日本は深刻な需給ギャップが生まれたため、「計画停電」が始まったが、十分に計画されず、混乱を極めている。
そこで、環境エネルギー政策研究所(ISEP)では、関東圏の供給力や過去の需要量を含めた検証を行い、公共政策として行うべき、短期・中長期的な施策をここに提言する。
http://www.isep.or.jp/fukunp110311.html 
の中の下記をご覧下さい。
■3/23(水)ISEPプレスリリース(PDF)
「3.11後のエネルギー戦略ペーパー」No.1
「無計画停電」から「戦略的エネルギーシフト」へ
環境エネルギー政策研究所 所長 飯田哲也、主席研究員 松原弘直
[PR]

by the-road-of-japan | 2011-03-23 08:33 | ☆電力への提言


<< 200,000円を「多田農場」...      兵庫県震災復興研究センター「東... >>